MENU

アレルギーが辛い時は乳酸菌で改善しよう

乳酸菌にはあらゆる嬉しい効果が期待できるのですが、その中のひとつに「アレルギー反応の抑制」というものがあります。

 

乳酸菌がアレルギーに及ぼす影響とは、一体どのようなものなのでしょうか。

 

 

そもそもアレルギーというのは、花粉や食品の栄養素、ホコリなどに対して、本当は無害なのに免疫が過剰反応を示すために起こるものです。

 

無害な成分に対して、免疫が必要のない攻撃をするため、くしゃみ・鼻水・涙が出る・皮膚に湿疹などが出る…という症状が現れるんです。

 

アレルギーの薬は、この免疫の反応をシャットアウトさせる力がありますが、眠気や口が乾くなどの副作用を感じることもあります。

 

だから、あまりアレルギーの薬を飲みたくない…と言う方も多いんですよね。

 

 

そこで!乳酸菌の出番です。

 

乳酸菌は腸内で増えることで、免疫が過剰反応を起こしてしまうのを、正しくはたらくように指導してくれる効果があるんです。

 

また、免疫力自体も強化されるので、アレルギー対策だけでなく、病気にかかりにくい体になれるのもポイントです。

 

アレルギー反応を抑えることができるということは、それに伴う肌荒れや乾燥肌の対策にもなるということ。

 

乳酸菌を補給することで、メリットが沢山あるんですね。

 

 

そんな乳酸菌を効率よく摂取するなら、顆粒状のサプリメント「カルグルト」がオススメ。

 

カルグルトには、腸内全体で効いていく5種類の乳酸菌がブレンドされています。

 

小腸、大腸、十二指腸…とすべての腸でしっかりとはたらいてくれるから、他の食品からとれる乳酸菌よりも効果的で優秀なのが特徴です。

 

それだけ豊富な乳酸菌を、1日あたり1包分飲めばいいだけ。

 

ヨーグルトなら400gも食べなければならないので、比べてみると一目瞭然で手軽なのが解りますね。

 

そのまま飲んでももちろん大丈夫ですが、牛乳やヨーグルト、野菜ジュースに溶かせばもっと美味しく続けられます。

 

毎日続けていきたい乳酸菌だからこそ、食べやすくて続けやすいカルグルトを選んでみては。

 

辛いアレルギー症状と、これでサヨナラかも!?

関連ページ

乳酸菌が酒さの改善に与える効果とは
乳酸菌にはいろいろな効果がありますが、酒さにも効果的だと言われています。乳酸菌と酒さとの関係は一体何なのでしょうか。